終了したのは「Google翻訳」ではなく「Googleウェブサイト翻訳ツール」!Web翻訳Tips | GoogleTips

終了したのは「Google翻訳」ではなく「Googleウェブサイト翻訳ツール」!Web翻訳Tips | GoogleTips




昨年春ごろに「Googleドライブが終了するってネットで見たけど、データとか退避させとかなくて大丈夫なの?」と聞かれたことがありました。
終了するのは「Googleドライブ」ではなく「ブラウザを介さずGoogleドライブに接続するためのPC版のアプリ」で、後続アプリとして「バックアップと同期」や「DriveFileStream」がリリースされる、という説明をさせていただきました。

「ネットで見た」というなら続きもネットで調べてもらいたかったところですが、Googleのサービス名も似たようなものが多いのは確かです。

今年初めにサービスが終了した「Googleウェブサイト翻訳ツール」も、「Google翻訳が終了する」という勘違いを生みかねないものだったのではないかと思います。

「Googeウェブサイト翻訳ツール」はWebサイトを多言語対応するためのWebAPIです。
Webサイトに埋め込めばこんなプルダウンが表示されて、言語を選択すると記載されている内容が翻訳される、というものです。

多言語でページを作成しなくても翻訳してもらえる便利さから利用しているサイトも多かったのですが、そもそものGoogle翻訳が色々拡張されてきたことによりサービス終了になったものと思われます。

ということで現在使えるGoogleの翻訳サービスをご紹介したいと思います。
IT系のリリースノートやナレッジは英語系のものも多いのでお世話になることも多いですよね。

スポンサーリンク

Googleが提供する翻訳色々

パソコンで翻訳を使う

Google翻訳(サイト)

まずは定番のGoogle翻訳サイト。
Googleで「翻訳」と打つだけで表示されます。
ここに英文などをコピペすれば日本語に翻訳してくれます。

ちなみにGoogle翻訳のページからならドキュメント丸ごと翻訳してくれます。

Webページは自動で翻訳してくれる

Chromeブラウザを使っていると海外のホームページを表示した時にこんなポップアップが表示される場合があります。

これはChromeが「自分が使っている言語」と「表示しているページの言語」を比較して、異なっている場合に「自分の使っている言語」に変換してくれるものです。

「オプション」の設定により自動的に翻訳することも可能になります。
「英語を常に翻訳」にすれば、勝手に翻訳してくれます。

この機能が「Googleウェブサイト翻訳ツール」をやめた理由ではないかと思います。
「他の言語に翻訳するならこっちの機能を使って、Chromeで」ということかと。

ちなみに人によってはこの翻訳表示が毎回聞かれるのが面倒くさい場合もあると思います。
その場合はChromeの「設定」(右上の・3つ)→「言語」を表示し、「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のチェックを外してください。

スマホで翻訳を使う

Google翻訳(アプリ)

私自身は海外渡航もしないしパソコン上以外で英語に触れる機会が少ないので、スマホで翻訳が必要な場面に遭遇することが非常に少ないのですが、Google翻訳アプリはかなりの優れものです。

・入力したテキストを翻訳(これはPCでもできる)
・音声入力された内容を翻訳(これもPCでもできる)
・手書き入力を翻訳
・写真の文字を翻訳
・カメラでフォーカスしている箇所をリアルタイム翻訳
・2か国語の会話をその場で翻訳(通訳)
・オフラインでも翻訳

写真並びにリアルタイム翻訳はOCR + 翻訳という性質上100%は難しいところもありますが、紙資料やレストランのメニュー、案内表示板などを翻訳することができます。

2か国語の会話の翻訳もできます。
本来の翻訳機(ポケトーク)などと比較すると翻訳精度は劣りますが、音声認識に優れているのと、翻訳データをダウンロードしておけばオフラインでも利用できる点が優れています(ポケトークはクラウド翻訳なので通信必須)。

そして何よりこれらの機能が無料で使えるのがGoogle翻訳最大のメリットです。

Google翻訳(GooglePlay)

Google翻訳(AppStore)

スポンサーリンク

英語の勉強も継続していきたいところです

Google翻訳も万能ではない

※英会話教材の紹介はしませんのでご安心ください。
Google翻訳は誤訳もしばしばあります。
Google検索のサジェスト(予測表示)に「Google翻訳 おもしろ」なんてのがあるくらいです。

全文翻訳→意味がわからない箇所があったら一文を切り取り、不明な単語や文節単位で翻訳、という流れがお勧めです。
IT関係の場合、日本でもカタカナ語化しているため翻訳されるとわからなくなったり、記号が混じっていて変な箇所で文節が区切られてしまうものもあります。

Google翻訳の精度も日々進化していっています。
気長に付き合っていきましょう。

結局自力で勉強することも必要

※絶対に英会話教材の紹介はしませんのでご安心ください。

私も社会人になってからTOEICスコアが受験の度に落ちて行っているので大仰な事は言えませんが、英語ができないことで仕事の選択の幅が狭くなるような世の中になってきています。
一部大手企業では社内公用語を英語にするとかいう話を耳にしたりしますよね。

そんな大手企業に勤めなくても、海外とのやりとりや訪日外国人に会う機会は今後増加していくでしょう。
ちなみに私はよく訪日外国人の方に道を聞かれます。

そういった場合にGoogle翻訳を利用するのも方法ですが、やはり最低限の英語スキルを身に付け、そして維持していきたいものです。
私の知り合いは「ス〇ードラーニングで英語が上達するなら、これでも上達するはず!」と毎日通勤時に洋楽を聞いていますが、今のところ上達している様子はありません。

英語以外も、にはGoogle翻訳で

※他の言語の教材の紹介もしませんのでご安心ください。

訪日外国人といえば英語圏より中国語圏の方の方が多いでしょう。
またオリンピックなどのイベントで様々な国の方が日本にやってきます。

人間が全ての言語に対応することは困難ですが、Google翻訳は多くの言語に対応できます。
使う機会の少ない言語を覚える努力をするくらいなら、そこはGoogle翻訳に頼ってよいのではないでしょうか。

とかいうことをことを海外のクラウドベンダーからの通知メールをGoogle翻訳で翻訳しながら考えています。
「Transport Layer Security(TSL)」を訳さずそのまま表示してくれました。


GSuite、Googleアプリ関係のまとめです。

システム・サービス・ソフトカテゴリの最新記事