CATEGORY 情シスよもやま話

ひとり情シスを主なテーマに、情シスの日常をお話しします。

バックオフィスシステム保守について | 情シスのお仕事(2019年度改訂版)

対象とする読者 ・財務会計、人事給与のシステム化に興味のある経営層 ・財務会計、人事給与のシステムの主導権を取り戻したい情シス ・バックオフィス業務にちょっと興味がある通りすがりの人 話の要点 ・ヒト・カネの管理を行うのが人事給与・財務会計の業務である。 ・人給・財務の部門には権限が集中しやすい。情シスが対等に渡り合うのは無理? ・業務や運用は部門に任せて、情シスはインフラ維持やトレンド紹介してい […]

基幹業務システム保守について | 情シスのお仕事(2019年度改訂版)

対象とする読者 ・基幹の更新やERPが気になっている経営層 ・基幹の更新やERPとか聞くと吐き気がしそうな情シス ・ERPにちょっと興味がある通りすがりの人 話の要点 ・基幹業務とは企業活動におけるヒト・モノ・カネに関わる業務である。 ・ERPとは基幹業務全体を一元管理するためのシステムである。 ・ERP導入の目的は2つ。「業務手順の見える化」「管理指標の統一」である。 業務効率化やデータ活用以前 […]

営業支援システムについて | 情シスのお仕事(2019年度改訂版)

対象とする読者 ・SFAとかCRMとか気になっている経営層 ・SFAとかCRMとか気になっている情シス ・SFAとかCRMにちょっと興味がある通りすがりの人 話の要点 ・CRM/SFAとは営業活動を数値化するシステムである。 ・システムにデータ入力する営業担当者の負荷は大きい。営業にとってのメリットが必要。 ・情シスはデータ入力項目や入力手順の見直しが定期的に行われているか、部門横断的に見た時にル […]

デジタルマーケティングについて | 情シスのお仕事(2019年度改訂版)

対象とする読者 ・他所の情シスがなにしているか気になっている情シス ・情シスへの転職に興味のある転職希望者(特にSE) ・情シスが何をしているかちょっと興味がある通りすがりの人 話の要点 ・地方中小メーカーの情シスの担当業務を紹介します。 ・Webを活用したデジタルマーケティングの話をします。 ・サイト構築とかコンテンツ作成をしているわけではありません。 ・方針や方向性、KPIの設定とトレース、数 […]

デジタルシフト(DX)について | 情シスのお仕事(2019年度改訂版)

対象とする読者 ・他所の情シスがなにしているか気になっている情シス ・情シスへの転職に興味のある転職希望者(特にSE) ・情シスが何をしているかちょっと興味がある通りすがりの人 話の要点 ・地方中小メーカーの情シスの担当業務を紹介します。 ・今回は情シス以外でもトレンドだし食いつきよさそうだからDXの話をします。 ・経営層にDXのイメージがあり、その言語化と具体化に向けた事務局をやっています。 ・ […]

SIer出身者はフリーランスより情シスに向いていると思う | ひとり情シス事情

Twitterのタイムラインを眺めているとSIerを卑下する風潮があるように感じています。 私自身も前職はバリバリのSIerでSEだった人間なのですが、賛同6割否定4割くらいの感覚です。 例えばこんなかんじです。 日本的SIerのビジネス形態が今後斜陽化する。 ⇒そう思う。 SIerで仕事していても技術者としてのスキルは伸びない。 ⇒「技術者」と一纏めにするのは無理がある。 PGになりたいなら難し […]

経理のど素人が挑むIT予算作成 | ひとり情シス事情

イントロダクション (※本記事は2018年12月19日初版です) 年末が近づき、「平成最後の」の連呼がより一層聞こえてくる時期になりました。 企業によって決算時期に違いはありますが、多くの企業では次年度予算の話が動き始めているのではないかと思います。 企業における予算は主に「受注予算」「売上予算」のような目標値を指します。 私もSE時代に受注予算の作成に参加していました。 現在提案中のユーザーや既 […]

ひとり情シス関連の書籍の紹介 | ひとり情シス事情

イントロダクション 大体月に1回くらいのペースでお話をしてきている「ひとり情シス事情」ですが、「ひとり情シス」の経験は人の数だけあります。 SNSのつぶやき、IT系サイトの記事など、色んなところで見かけることがあります。 ベンダー側で作り手や売り手だったSEからユーザー側の情シスへの転職を検討している人にとって、転職先の企業の業務や待遇は当然ですが、こうした経験・体験も貴重な判断基準になります。 […]

情シスにメリット、役得、特典はあるか | ひとり情シス事情

イントロダクション 企業の情報システム部門=情シスといえばどのようなイメージでしょうか。 検索サイトで「情シス」と検索される際に、一緒に検索されている言葉を見てみると、なかなか楽し気な雰囲気の部署です。   ITと名の付くものなら全て振られる「何でも屋」で、導入ベンダーでもないのに「クレーム」を言われます。 「嫌われる」だけならまだしも「クズ」「使えない」「無能」呼ばわりされる「辛い」し […]

ひとり情シスからふたり情シスになった話 | ひとり情シス事情

イントロダクション twitterで既にご報告させていただきましたが、先月からひとり情シスを卒業し、ふたり情シスになりました。 非常に多くの方からお祝いのお言葉をいただき、さらに過去経験の無い拡散をしていただいたこと、改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。 しがない情シスつぶやきサイトの端くれですが、今後ともご愛顧賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。 さて、twitterで […]

どこまでがITか、どこまでが情シスの仕事か | ひとり情シス事情

イントロダクション このブログもTwitterアカウントとFacebookページがあり、情シスさんのつぶやきを見ることがあります。その中で「それ、情シスに聞く?」みたいな話がよく出てきています。 情シスの仕事の分量や線引きについては、正直一律で決まっているものではありません。 会社によって、状況によって、カバーする業務の幅は変わってきます。 特にひとり情シスの場合この傾向が顕著なのではないでしょう […]

社内のセキュリティ意識の熟成について | ひとり情シス事情

イントロダクション システム屋として十数年、セキュリティがガッチガチのIT企業で勤めていました。 Web閲覧はもちろん、外部媒体はもってのほか、持ち出しパソコンはシンクライアントのみの上で出入り口のゲートで申請書を確認され、紙資料も持ち帰り廃棄まで全て管理されていました。 事業内容が事業内容なので、セキュリティ事故や情報漏えいが発生した時の経営的なインパクトは大きく、生産性よりもセキュリティが優先 […]